入口をもっと入りやすく!介護未経験者への研修が変わります

 

 

株価がバブル後最高値を更新するなど、決して景気が悪いわけではない日本経済。しかし、「人手不足倒産」なる言葉も聞かれるなど、働き手の不足が深刻です。ファミリーレストランだけでなく、コンビニまでもが24時間営業を見直すというニュースも聞かれるほどの状況の中、介護業界も人材確保に躍起になっています。新しい研修制度で、未経験者でも始めやすい仕組みづくりを行うのもその一環と言えるでしょう。どんな制度か解説します。

 

 

介護職員初任者研修

現在、全くの介護未経験者が、基本的な介護の知識を身に着けるために受講するのが、「介護職員初任者研修」です。これは旧ヘルパー2級に相当する資格です。施設の介護職員になるのであれば資格は必須ではありませんが、訪問介護の仕事に従事するためにはこの資格が必要です。研修は全国の医療系専門学校などで随時開催されています。カリキュラムは130時間ほどで、内容はどの学校でも大きな差はありませんが、日程は毎日学校に通って最短で終えられるものや、夜間のみ、休日のみなど色々と選ぶことができます。

 

 

より初心者向けの新しい資格

厚生労働省が検討している新しい資格は、旧ホームヘルパー3級という資格と同じくらいの水準を想定しているようです。初任者研修の半分程度の受講時間で資格を取れるようにすることで、未経験者にもチャレンジしやすい仕組みを目指しています。介護の仕事に関わる最低限の知識を学び、まずは介護の仕事に就いてもらうことを目標にしています。その後より深く学びたいと考えたときには、すでに学んだ単位を上位資格でも有効とすることで、効率性も確保するということです。

 

介護職員にとって「最低限必要なこと」とは・・・?

介護の仕事はお年寄りの生活全体を支えるとてもやりがいのある仕事です。しかし、介助が必要な高齢者には、急な体調不良や転倒等による怪我などのリスクがあります。お年寄りをお預かりしている以上は、職員としての一定の責任を負うことになりますから、急な体調変化に気づく観察力や、もしものときに何をしたらよいか、また救急蘇生法などの知識はしっかりと身につけておきたいものですね。相手のことを守るだけでなく、その場にいた職員としての責任を果たせるだけの知識は、自分の身を守ることにもつながります。

 

まとめ

2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、日本は最も高齢者の多い時代となります。今後も介護職員の人手不足は当分続くことは確実です。新しく介護の仕事に就いてもらう取り組みも重要と言えます。また、「給料が安くて大変な仕事」という世間のイメージが変わり、一生続けていける仕事と認知されるように、待遇面でも状況が改善するといいですね。